柿渋塗料 米ぬかワックス 自然塗料について

柿渋はむかしからの一般的な塗料です。

高性能な化学塗料が普及する中、柿渋は忘れ去られていきました。近年、アレルギーやアトピー性皮膚炎など化学物質による室内環境汚染が原因と判明してきました。昔ながらの風が吹くと寒い風の通る家がなくなり、高気密の家が増えたのも原因でしょう。柿渋は、何百年という歴史をもつ自然塗料です。人体に無害であるだけでなく、ホルムアルデヒド等の化学物質を吸着する働きや抗菌作用もあります。柿渋を生かして、安全で健康な暮らしを考え実践してみませんか?

柿渋塗料の特徴

  • 原料一種の自然素材で化学物質を一切発生しない人体に無害な塗料です
  • 木の呼吸作用を妨げず、寿命を延ばします
  • 防虫,殺菌,防腐,消臭,防水作用があります
  • 木材防腐剤,合板等から発生する人体に有害なホルムアルデヒドを無毒化する作用があります
  • 塗り直しの場合、塗料を剥がさず上からそのまま塗装できます
  • 安全に廃棄できます

 

米ぬかワックスは、家具職人が作った日本古来の自然塗料。

昔は床を米ぬか入りの袋で磨きました。米ぬかの成分には、ロウ(ワックス)成分が含まれております。木の保護やつや出しの効果がある米ぬかは、日本古来の自然塗料なのです。欧米の家具職人は、身近にある植物油をブレンドしてオリジナルのウッドオイルを作っていました。米ぬかワックスとウッドオイルを融合させた木に優しい米ぬかワックスです。

無垢木材は、自由水が蒸発して木材の水分が30〜40%になります。続いて結合水が蒸発,乾燥し(反りや縮みが発生)、家具等に適した含水率10〜15%の安定した木材になります。木材に米ぬかワックスを塗ることで、湿気や乾燥を避けて木肌の潤いを保ちます。

米ぬかワックスの特徴

  • 米ぬかのワックス成分と植物油を一体化
  • 自然の原料のみで無添加の自然塗料
  • 米ぬかの成分に防腐剤の役割があります
  • 無色透明で木の風合いを生かします
  • 木の表面を乾燥から防ぐ効果があります
  • 他の自然塗料でオイルフィニッシュされた後にも、重ね塗りできます
  • 安全に廃棄できます

 

自然塗料に不可欠な条件は、口にしても安全な原料をつかうこと、そして木の呼吸を妨げないことです。日本の風土にあった自然塗料の多くが忘れ去られてきましたが、大きく見直すべきだとおもいませんか?日本の昔からの知恵や文化を見直し、自然塗料での健康で安全な暮らしをおすすめします。

自然酒で有名な寺田本家酒蔵見学で当主にこう質問しました。『酒蔵には、どのような塗料を使っていますか?』答えは、塗らないか柿渋だけだと。安全で健康なものづくりは繋がっていますね。

サイトウグンマは、自然塗料の打楽器カホンのみ製造・販売しています。木の風合いが全面に出ているので、イスやインテリアとしても重宝します。人に対しては、健康で安全。そして環境に対しては廃棄しても負担がかからない。暮らしの中で五感で楽しめるカホンを提供していきたいと思います。

 

【参考資料】

生活アート工房 様 公式サイト

株式会社トミヤマ 様 公式サイト

カホンを製造販売する群馬のガーデンデザイナー サイトウグンマ公式Webサイト。