「お知らせ」カテゴリーアーカイブ

HMJ2019で楽器カホンで遊ぼう!サイトウグンマのカホン pandora gu103 beyondgirls model

サイトウグンマとして、過去最大のフェスへの初出展です。なんと言っても東京ビックサイトというところです。通常の高さ50cm近い大きい座って叩くペルーカホンは、今回販売しません。グッドデザイン賞受賞したパンドラのみです。弁当箱サイズだからスカートの女性も子供も車いす利用者も膝上でできる人気商品です。女性デザイナーによるロゴが見た目はとても美しいです。

今回は、H55の展示場所。カホンで遊んで記念写真をSNSにタグつけ投稿してくれた方に特製ポストカード差し上げます。たくさんご用意してありますが、数には限りがございますのでご了承ください。とにかく、魅力的なアイテムばかりの会場へ遊びにお越しください。その際は、ぜひお立ち寄りください。

*19時より少し早い時間にブース撤収を予定しております。

https://hmj-fes.jp

HMJ2019東京ビックサイト初出展の告知協力のお願い!お礼のプレゼントあり♪

みなさん、こんにちは!7月20、21日に東京ビックサイトで開催されるハンドメイドフェスインジャパン2019までもうすぐ!

出展理由は、グッドデザイン賞を受賞した人気の打楽器カホン パンドラを多くの方に知ってもらいたいから。「東京で地方を売る」のでなく「関係性をつくって地方へ来てもらう」試みです。

多くの人に、カホンを楽しんで笑顔になっていただきたい!』

しかし、【楽器フェア】みたいに「楽器」が目当ての方は皆無。

うちが、HMJ2019に出展するの知ってる方もほぼ皆無。

そこで、みなさんに告知協力のお願いです。やり方はカンタン!

①うちのカホンを楽しんでる姿を携帯で撮影して、facebook,instaglam,twitter,blogにハッシュタグをつけて投稿!

#handmadeinjapanfes #サイトウグンマ #カホン 

②会場にて投稿を見せてくれた方、全員にポストカード贈呈!

・サイトウグンマのカホンがない方も、当日撮影&投稿でOK!

・初日の店番は、千葉で活躍ドラムピース代表のキムッチさん!

カホンの演奏風景を撮って投稿して、会場で話に花が咲いて、会場での思い出に”群馬の美しい自然が描かれたカード”をあなたの日常に…いつか群馬に遊びに来る。前橋の工房寄って中之条ビエンナーレへ。そんなストーリーが素敵だなって思うんです。あなたのご協力、ご来場を心よりお待ちしております。 サイトウグンマ 代表 齋藤秀典より

そういえば、家族から「人のためにカホンをつくってくれてありがとう」と・・・また泣きそうになった。

群馬の自然いっぱいの動画は、中之条の岡安賢一くんたち、優しい仲間達と1日がかりで撮影したんだ。

パンドラの演奏動画の短いのがほしいと言ったら、打楽器奏者の木川保奈美さんがこんな素敵な演奏動画くださり驚いたんだ。

中之条という大好きなところがあって、群馬県はクリエイターがたっくさん集まる。群馬には優れたクリエイターがいっぱいいて心が広く色々教えてくれた。だから、ど素人から約10年の間、様々な職人さん、音楽家などのお陰で、理想の最高のカホンを作れるまでになったんだ。グッドデザイン賞は偉ぶってるわけじゃなく、みなさんに応援されたカホン制作が大手メーカー以上の最高のカホンだって実証したかったから。応援してくれた家族、友人知人、一人一人に本当に感謝しています。

「あついぜ群馬こどもウクレレまつり」など群馬で活動しております。これからもよろしくお願いします。

nhkにパンドラgu103登場!saitogunma&beyondgirls!取材二日目

先日、【高崎で暮らす】のウェブメディアで知っていただき、NHKの方がいらっしゃいました。そして取材はなんと2日間!1日目は、サイトウグンマのカホン パンドラを実際に使ってご活躍をしているBEYOND GIRLS LIVEの様子を取材撮影。パンドラとは、既成品と違い障害があっても誰でも楽しめるグッドデザイン賞を受賞したカホンの名前です。

2日目は、サイトウグンマのカホンの展示室や作業場の様子を取材撮影。それらを編集した内容が、2月4日月曜18:40-19:00 NHKの人気地域ニュース番組「ほっとぐんま640」で群馬県内に放送されるそうです。お見逃しなく‼︎

2日目 カホン展示室でインタビュー

取材二日目は、カホン展示室やカホン工房で長時間のインタビューでした。取材班が、予定時間より早く到着。取材班に音響のベテランSさんを発見!私は、マスク姿で10分ほどで工房を大掃除をしました。そして、撮影はカホン展示室から。展示室もカホンが散乱していて、今度も10分ほど整理整頓をしました。私と取材班で、背景で映り込む部分の整理整頓をさらに10分ほど。ラジオと違って準備はたくさんでした。

「あれ?あれ?齋藤さん?」マイクをつける場面で、取材班のSさんがようやく私に気がついて互いに大笑い。「どーも、似てる人がいると思った!」なんて。さらに、カメラマンのOさんが、私の知ってる女子アナウンサーの夫で談笑。一気に雰囲気が和みました。進行は、リポーターさんとカメラさんがテキパキとでとてもスムーズでした。私が、カホンをなんでつくっているのか?重度の肢体不自由児に楽しめるカホンが世の中にはなかった。ないなら作ろうとして、ものすごい数の試行錯誤の試作を繰り返しユニバーサルデザインのカホン パンドラGU103が完成した話を心を込めて話させていただきました。

大変だったのは、カホンづくりに悩んでいる様子・カホンをつくっている様子・剪定している様子の撮影でした。どれもしてないのに、している演技でした。そんな着替えての難所の撮影が終わって撮影終了の頃は、夕方でした。撮影が終わって、カホン工房の切り刻んだ作業台を眺めたら感慨深いものがありました。

最初は、理想の音の為。今は、理想の人の為。気がつくと、理由が変わっていた。そして、応援してくれる仲間が増えてきた。

2月は、市営団地の大仕事があります。造園家なので、こちらの依頼が多いんです(笑)それが終わり次第、カホンが欠品だらけなので生産を再開します。誰にでもカホンを楽しめるパンドラから順位です。カホンを購入して違いを楽しむ人が増えてほしい🎶

パンドラの(模範)演奏動画ありますか?という声にお応えし製作した動画があるので、ぜひご覧ください。

3月10日には、小澤綾子さん/BEYOND GIRLSのライブもあります。私は、今後も応援しています!気になったら、ぜひライブでお会いして欲しいです。サイトウグンマのインタビュー(取材)は、「高崎で暮らす」に丁寧に書いてあるのでぜひご覧ください。私以外の記事も読み応えあるのでぜひ。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。パンドラで違いを超えて楽しむ!そんな活動を日本中世界中に広げて行きます。どうか応援よろしくお願いします!


facebook page SAITOGUNMA

facebook page BEYOND GIRLS


NHKにカホン職人齋藤秀典が登場します。saitogunma&BEYOND GIRLS❣️取材1日目

はじめまして!見てくださりありがとうございます。私は、群馬県前橋市に住む造園家でカホン職人の齋藤 秀典といいます。

先日、【高崎で暮らす】のウェブメディアで知っていただき、NHKの方がいらっしゃいました。そして取材はなんと2日間!1日目は、サイトウグンマのカホン パンドラを実際に使ってご活躍をしているBEYOND GIRLS LIVEの様子を取材撮影。パンドラとは、既成品と違い障害があっても誰でも楽しめるグッドデザイン賞を受賞したカホンの名前です。

2日目は、サイトウグンマのカホンの展示室や作業場の様子を取材撮影。それらを編集した内容が、2月4日月曜18:40-19:00 NHKの人気地域ニュース番組「ほっとぐんま640」で群馬県内に放送されるそうです。お見逃しなく‼︎



1日目のBEYOND GIRLS LIVE@たまプラーザでのレポートをここでは書いていきます。長文ですので、お時間に余裕がある方はぜひご一読ください♬



【違いを楽しもう!が合言葉 BEYOND GIRLS LIVE】が1月19日にあり、カホンWSで出演させていただきました。当日、群馬県前橋市から電車でたまプラーザ初訪問。たまたまたまプラーザでお仕事終えたpercussion赤羽拓真氏にBEYOND GIRLS来るまで一緒にお茶していただきました。BEYOND GIRLS初ソロライブで意気投合したので、彼もgu103beyondgirls modelの愛用者でBEYOND GIRLSを応援してる仲間です。

打合せは、子供たちの歓声の中で。主催のMe smileさんからのテーマ「親子で楽しめる何かをしたい!」やリクエスト曲「虹」があり、子供たちがビヨンドガールの曲を自由に歌い踊りカホンしてる隣でカホンWSの内容を決めました。通常のペルーカホンでなく、演奏姿勢も自由なカホンパンドラと拍手のみで参加してもらう手法の日本初のバリアフリーカホンWSと。 開演した頃は、BEYOND GIRLS LIVEの観客として見させていただきました。メンバーEri umetuさんの手遊び歌に大人も参加していて、既に違いを超えて大人まで楽しむいい雰囲気♬そして、いよいよ呼ばれて入場の前にNHKの方から入場位置を確認されて少し緊張しました。通常のカホンWS通り説明してる自分に気づき、深呼吸。「(重度の肢体不自由児ご家族から)カホンがほしい」の一言から世界中に存在しなかったユニバーサルデザインのカホン パンドラを苦労してつくり、去年グッドデザイン賞受賞してビヨンドガールズモデルも完成したんです‼️と言ったところで温かい会場からの拍手がわきました。

WS後半に普段の私の元気全開でのリズムあそび!QEENのWe will rock youを足!足!手!更にリズムを変えての童謡の虹🌈にBEYOND GIRLSの絶妙なトークと歌が絡んでいく。リーダー小澤 綾子さんがリードして。そして、パンドラと拍手の伴奏でBEYOND GIRLSと私と会場のみんなで「虹」を最後まで歌いました。途中、舞台からの光景は夢のようでした。

色んな人が集まって、違いを知り、違いを超えて、違いを楽しむ!私の目指した音楽でした。

最後は、BEYOND GIRLS/オリジナル曲beyond everythingでした。眺めて、胸いっぱいの感動‼︎

主催のみなさん、主演のBEYOND GIRLSのみなさん、来場者の皆さんのおかげで挑戦続ける勇気がでました!これからもBEYOND GIRLSの活動を応援していきたいです。もちろん、この様子の一部は、NHK番組で放送されます。お見逃しなく‼︎

facebook page SAITOGUNMA

facebook page BEYOND GIRLS



▼カホン屋サイトウグンマのイメージビデオです。



サイトウグンマについては、ご覧くださっているサイトウグンマ公式サイトにあります。どうぞ、ごゆっくりご覧ください。

イノベーションスクール終わりと始まり。

●群馬イノベーションスクールが終了しました。

第4期生としての約10ヶ月、仲間とともに沢山のことを学ばせていただきました。一昨日の最終講義では、JINS田中社長とWBS長谷川先生の叱咤激励もあり、胸が熱くなりました。

●ともに高め合う為の勉強会を発表しました。

私は、第4期生として、ともに高め合う為に勉強会を立ち上げることにしました。これで学びが終わりではないし、あとはやるかやらないかだけです。高め合いたい仲間の参加を楽しみにしています。

●地域から宇宙までワオ!な事も立ち上げます。

仕事もおかげさまで多忙の極みなのですが、今年は地域の問題解決の会も立ち上げます。日本各地の和の達人に会いに行き新たな挑戦もします。今年の群馬イノベーションアワードも出る予定ですから、今年も大きな目標のひとつにしています。

●懇親会も全力で楽しむのがGISです。

講義後の懇親会は、GISの先輩方も私たちもサプライズの用意をして迎えました。いい大人がここまで本気で段取りよくやるのもGISの最高のところです。群馬イノベーションアワード入賞者には顔面ケーキのお祝いでした。先輩方が退場の時、元気に言ってました。

●入ってよかった!GIS!

今年の群馬イノベーションスクールの募集がこれからはじまります。群馬でしかないチャンスなので、群馬の方で関心があればぜひ挑戦してみてください。

JINS田中社長、WBS長谷川先生、奈良さん、穴澤さん、ご支援くださった皆さん、本当にありがとうございました!

サイトウグンマ5周年を迎える事ができました❗️

2017年11月1日でサイトウグンマは5周年を迎える事ができました。多くの方々に支えられてここまで来れたことに深く感謝すると共に、これからも変わらぬおつきあいいただければ嬉しいです。

今年は、経営者として群馬イノベーションスクール4期生となり、群馬イノベーションアワードへの挑戦を通じて、沢山の新たな出会いや学びがありました。県商工会青年部グルメグランプリで吉岡町の青年部で5位の成果を通じて、地元の仲間の強い絆がより強くなりました。5周年のご報告が遅くなったのには、関わるすべてに全力で朝から晩まで動き続けて年末になってしまったという理由があります。SNSが重要な時代ですが、ほぼSNS投稿しませんでした。十分な睡眠時間の確保と現場主義を優先しました。その効果もあってか、今年は元気よく12月の仕事納めが出来ました。

2018年は、講演活動を増やします。造園家として『花咲く話の会』で多くのガーデニング初心者に緑の楽しみ方をつたえていきます。打楽器カホン製造者として『カホン部』『ウクレレとカホンと歌のWS』などで多くの音楽好きに木材と自然塗料の魅力とカホンの楽しさを伝えていきます。講演してほしい!というご連絡も大歓迎です。もちろん、庭木とカホンのご相談は随時受付けております。ぜひ、興味のある方はご連絡ください。

新年もよろしくお願いします。

サイトウグンマ 代表  齋藤 秀典

群馬イノベーションアワード2次審査進出者発表と1票と3案

群馬イノベーションアワード2次審査進出者が、上毛新聞紙面で発表されました。昨日発表されましたが、誤りだらけで記者へ掲載の要望伝えましたら昨日再掲載のお知らせメールが届きました。

群馬には、群馬イノベーションスクールという素晴らしい学びの場があります。早稲田大学MBAの長谷川教授が毎月前橋で講義してくださいます。毎年高倍率の中で4度目の挑戦で2次審査進出者となりました。私は、実物の杭を持って面接受けて合格し4期生として学び半年が過ぎました。群馬イノベーションスクールでは、学んだだけで終わりではありません。群馬からイノベーションを起こすミッションがあります。実践のひとつが群馬イノベーションアワードへの応募です。12/2(土曜)には、ヤマダグリーンドーム前橋でファイナルがあります。豪華な音楽も楽しめます!入場無料ですので、家族友人誘い合ってぜひ過去最高の皆さんに来てほしいと思っています。

今日は、衆院選投票日で投票に行きます。

むかしむかし前橋市長選挙では、選挙では名前連呼や誹謗中傷など世界でみてもおかしな選挙運動だけでした。これでは、候補者の政策や人柄を比較できず投票できなくて困りました。そこで解決策を見つけました。約15年前に前橋市長選挙で公開討論会(期間中なので合同街頭演説会)が初開催しました。たった1人のスタートから。これにより、争点が明らかになり翌日新聞記事にもなりました。その結果投票率が約20%上がりました。つまり、3人に1人の投票が2人に1人に投票率が変化したのです!

今は、投票率向上させる公正中立な公開討論会(LF方式)の群馬県での開催支援者です。あの時、直接間接圧力だらけで開催は仲間内からも不可能と宣告される中で必死にやりぬきました。当時の私を門前払いした地元青年会議所が今は主催者に成長してます。当時の市長も公開討論会を学びましたが、現在の市長はドタキャンで中止させ、おかしな選挙運動のみに戻りました。これが今の前橋市です。

『また前橋を変えよう!仲間とともに!』

そういう心意気です。

今年は、前橋らしく変えるアイデアを3つ考えて初めています。面白いアイデアばかりです。ぜひ、参加して一緒に楽しむ事から初めてほしいです。

●花咲く話の会

●弁当箱サイズのグンマ式カホンを世界に広めたい!

●ウクレレとカホンとうたのWS

前半

後半

 

 

 

 

日本環境設計(株)岩元氏が群馬イノベーションスクールに-編集後記

41才まで大手商社社員だった岩元さん(右)は、大好きな映画バックトゥー・ザ・フューチャーのゴミ燃料のデロリアンが動機で120万円を資金に事業を始めた。技術開発でほぼ1対1の水平,半永久リサイクルを可能にした。面白いのが、自社がリサイクル・インフラのハブとして、楽しいリサイクルを日本から世界に広めていることだ。

映画の再現がしたくて、universalに直談判した話には衝撃を受けた。『すべてのものをリサイクルし、戦争をなくし、世界中の子供達の笑顔をつくる!』デロリアンを日本に運び、みんなから回収した地上資源のゴミ燃料で走らせた。地下資源を争う戦争、これをなくせるのは絶対価値だという。絶対価値を持って、地上資源の経済圏を世界中に広げている。

岩元さんは、誰にも負けないベンチャースピリットと、誰もが認める『絶対価値』を持っていた。

戦争をなくす『絶対価値』は、強い。

今度は、我々GIS4期生がそれぞれの『絶対価値』を伝える番となる。12月2日『群馬イノベーションアワード2017』(ヤマダグリーンドーム前橋/入場無料)まで、あとわずかだ。

(注)2017/10/16 GIS(群馬イノベーションスクール/主催:田中仁財団/講師:早稲田MBA講師の長谷川教授(1番上写真左側)/特別講師:日本環境設計(株)岩元会長)特別講義の感想を、《カンブリア宮殿》のエンディング風に書いてみました。

サイトウグンマ公式サイトのブログです。よかったらほかの記事もご覧ください。

2017年後半のお知らせ

9月以降も追加して書きます。ぜひお越しください♪9/16(土)グリーンドーム前橋で3日間ある前橋スマイルキャンパス2017(親子体験フェス)に、サイトウグンマのカホンづくりWS(詳細は現地発表)で出店します。入場無料です。まきばプロジェクト主催事業へ初出店でもあり、とても楽しみにしています。

(全国こどもウクレレまつりで参加者でプロとLive♪)

群馬県のサイトウグンマは、バリアフリーな形状や自然塗料にこだわる人にも自然にも優しいカホンの製作販売もしていてる庭園デザイナーです。花木の事もお気軽にご相談ください。

『パンドラ』や『つちにかえるカホン』(木工組立教材)の演奏や『カホンの選び方』や『高崎カホン部』(カホンで遊ぶ会)の動画もあります。誰でも簡単で笑顔になる木箱がカホンです♪

9/27,10/18 19:30〜高崎カホン部 開催予定日

*水曜恒例の高崎カホン部の予約はこちら!

 

 

 

 

 

 

続きを読む 2017年後半のお知らせ